萌えニュース(・∀・)

2chの萌えニュース+とか

タグ:映画

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :◆UC2AnoIOHw @ヂートゥφ ★:2010/01/24(日) 06:44:10 ID:???

2009年7月にティザーサイトがオープン、2009年12月には予告編が公表され、多くのファンが公開日を待ち焦がれていたと思われる「劇場版 Fate/stay night UNLIMITED BLADE WORKS」がとうとう本日より全国劇場で公開開始。池袋サンシャインシネマでは主演声優の杉山紀彰、植田佳奈、諏訪部順一の3人が初日舞台挨拶を行い、収録中のエピソードや作品の見所を語ってくれました。

会場となった池袋サンシャインシネマ。最終回まで満席になっていました。
fate_movie_event02_m
 
グッドスマイルカンパニーから2010年7月発売予定の「セイバー 〜約束された勝利の剣 (エクスカリバー)〜」
fate_movie_event05_m
 
こちらは2010年6月発売予定の「ねんどろいど ぷち Fate-stay night」
fate_movie_event06_m
 
原作のキャラクターデザインを担当した武内崇氏のサイン色紙
fate_movie_event08_m
 
パンフレットは通常版(800円)と限定版DJCD付きのもの(2000円)があります。
fate_movie_event09_m
 
・まずは一言ずつご挨拶をお願いします。

衛宮士郎役、杉山紀彰さん:
「今日は劇場版初日ということで、皆さんと一緒にこの空間にいられることを本当にありがたいと思っております。もう1回目をごらんになって、これから2回目、3回目だよって方も、もしかしたらいらっしゃるかもしれないんですけれどもこれから見る方がたくさんいらっしゃると思いますのでネタバレは避けつつ、今日は楽しい時間を皆さんと過ごせたらいいなと思っております。よろしくお願いいたします」

遠坂凛役、植田佳奈さん:
「遠坂凛役の植田佳奈です。劇場版が決まって、今日皆さんにこうやってお届けできるのがほんとに嬉しいです。皆さん足を運んでくださってありがとうございました。今日は楽しい時間を過ごしていってください。よろしくお願いします」

アーチャー役、諏訪部順一さん:
「上映する前にひとつ問おう。ここはリリカルなのはの劇場ではないぞ(笑)。間違っている人間はいないか。大丈夫か。ここはFateだ。Fate言うても奈々ちゃん出てくるわけじゃないからな。大丈夫?
Fate/stay night UNLIMITED BLADE WORKS劇場へようこそ。諏訪部順一でございます。よろしくお願いします」

・それでは『劇場版を作るよ』と聞いたときにどう思われましたか?

アーチャー役、諏訪部順一さん:
「ほんとに〜?って(笑)。テレビシリーズが終わった後、関係者の方々から『やりたいね〜』ってお話はありまして。噂はずっとあったんですが、一向に連絡がないので、これは無くなったなと思っていた頃にスケジュールの問い合わせなどを頂きまして。劇場版ほんとにやるんだ、と。満を持してという感じでほんとに嬉しかったです」

衛宮士郎役、杉山紀彰さん:
「別の作品の現場でFateの関係者の方とお会いした時に『そろそろ動くんですか?』って聞いたら『らしいよ』ってお話で。聞いて『えーっ!』って感じではないですけど、ついに、ついに劇場版来たか、って感じで嬉しく思っておりました」

遠坂凛役、植田佳奈さん:
「私もFate以外の作品のスタッフさんから『Fate楽しみにしてますよ』って言われて、1年くらいは『またまた夢でしょ〜。噂じゃないんですか〜?』って答えてたんですけどほんとにアフレコする1〜2ヶ月前に聞いて、ほんとに叶ったんだ、夢じゃなくてよかったってすごく嬉しかったのと、あとほっとした部分もありました」

GIGAZINE
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20100123_fate_movie_event/
>>2-3へ続く

【【映画】劇場版『Fate/stay night UNLIMITED BLADE WORKS』舞台挨拶、「皆さんの期待は絶対裏切りません」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :まっちょつるぎφ ★:2010/01/23(土) 19:53:27 ID:???
3度のテレビシリーズを経て、再び劇場版として第1シリーズを新しく再構築した「魔法少女リリカルなのは The MOVIE 1st」が2010年1月23日より公開開始されました。東京の新宿ミラノでは初日舞台挨拶として主要な声優が勢ぞろいし、作品について熱く語ってくれました。
nh_013
 
nh_003新宿ミラノ前に行列がズラリ。 
 







nh_011舞台挨拶には主要キャラクターの声優が勢ぞろい。
左から浅野真澄さん、五十嵐麗さん、高橋美佳子さん、水樹奈々さん、田村ゆかりさん、桑谷夏子さん、水橋かおりさん。 
 




・皆さんまだ見ていないのでネタバレされたら困ると思いますが、一言映画の感想をお願いします。

高町なのは役、田村ゆかりさん。
「(お客さんの中で)ホントになのはを知らない人〜。(会場であまり手が上がらなかったことを確認して)はいじゃあネタバレします(笑)。2004年にテレビシリーズが放送されてそれから5年ちょっとたってもう一度演じることができてとても嬉しいです。こんなに大きいスクリーンで私たちのお芝居が流れるというのはなかなかできる経験ではないので、みなさんもぜひぜひ応援してくれたら嬉しいな、と思います。あ、ネタバレしなかった(笑)」

フェイト・テスタロッサ役、水樹奈々さん。
「こんなに長く続いて、さらに劇場版もこんなに大きなスクリーンで公開できるなんて本当に嬉しいなと思っています。フェイトは分身みたいな感じで大好きですし、今回パワーアップリメイクということで新たに追加されたシーンもあって、プレシア母さんのことがみんな大好きになると思います。親子のシーンもご期待ください」

ユーノ・スクライア役、水橋かおりさん。
「ゆかりんがさっき、なのはを知らない人がいるか聞いてほとんど手が上がらなかったことがすごく嬉しいです。皆さんにぜひ見て欲しいなと思うところは、なのはの変身シーンと、ユーノくんのリアクションです。うっかりすると空耳に聞こえるんじゃないかなと思える一言があるんですけど大目に見てあげてください。ユーノくんと同じようになのはを好きな皆さんならきっと同じような事を言っちゃうんじゃないかな、と思います(笑)。ぜひ楽しんでいってください」

アルフ役、桑谷夏子さん。
「私はアニメの劇場版というのが初めてだったので、なのはという大好きな作品で、舞台に立てていることがすごく嬉しいです。これもたくさんの人が応援してくれたおかげだと思います。これからもずっとずっとなのはを応援してください」

クロノ・ハラオウン役、高橋美佳子さん。
「男の子の役というのをテレビアニメシリーズでやらせていただくというのが、初めての経験だったので、本当に思い入れの深い作品です。今回再びクロノをやらせていただけるということで、アフレコの時はかなり悪戦苦闘しました。見てもらえば分かると思うんですけど、とにかく圧倒される爆破・爆撃・爆音で音と映像がものすごく飛び込んでくると思うので、心の底からなのはの世界にどっぷりハマって楽しんでみて頂ければいいなと思います」

プレシア・テスタロッサ役、五十嵐麗さん。
「この作品は色んな絆を描いていると思うんです。友情だったり、親子の愛情だったり、守りたい人のことだったり。実は私も試写会で見たときうっかり泣いてしまいました。自分で見てて涙ができて、色んな思いがこみ上げてきました。それから、絆と言えば今回の親子のファッション、どうですか。たまたま偶然なんです(笑)。来たらビックリ、黒と金で。楽しんでいってください」

左から2番目の五十嵐さんと左から4番目の水樹さんは、偶然似たような服を着ていました。
nh_010
 
リニス役、浅野真澄さん。
「リニスはドラマCDから作品に関わらせて頂いているんですけど、私自身初めてアフレコをしたときに、せつなくて愛情が溢れててすてきなストーリーだなと思っていました。色んな人に“リニスが好きです”と言ってもらえたりして、印象深いキャラクターだったので、劇場版に出ることができて嬉しいです。」

(>>2に続く)

引用元:GIGAZINE
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20100123_nanoha_movie_event/

【【映画】『魔法少女リリカルなのは The MOVIE』舞台挨拶 「変態のフェレットにちょっかいを出されますが、最後には思いが成就します」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :◆YKPE/zzQbM @ゆきぺφ ★:2010/01/17(日) 23:25:54 ID:???
2月、劇場版「ドラえもん」全作を一挙に上映するイベント「ドラえもん映画祭」が東京・神田の神保町シアターで開催される。

「ドラえもん映画祭」は、劇場版「ドラえもん」の第1弾である「のび太の恐竜」の公開30周年を記念した企画。1980年に公開された「のび太の恐竜」から2009年の「新・のび太の宇宙開拓史」まで、ドラえもん映画29本を8日間にわたって上映する。劇場版「ドラえもん」とその原作にあたる「大長編ドラえもん」で育った大きなのび太くんたちは、この映画祭でピュアな自分を取り戻してみよう。

当日券は各作品とも一般1000円、子ども500円。また好きな作品を3本観られる特別鑑賞回数券も2400円で用意され、1月19日より都内7カ所で発売開始となる。
その1つ、神保町シアターでは購入者全員に映画祭のポスターをプレゼントする。

なお、映画祭最終日の翌週土曜日、3月6日からは30本目となる最新作「映画ドラえもん・のび太の人魚大海戦」が全国東宝系で公開される。

ドラえもん映画祭
会期:2月6日(土)~2月28日(日)
会場:神保町シアター
チケット:当日一般1000円・子ども500円(3歳~小学生)、前売り2400円(3回券)

(>>2に続く)

◎画像
news_large_dora_poster神保町シアターで特別鑑賞券を購入した人にプレゼントされる「ドラえもん映画祭」のポスター。 







news_large_dora_ticket上映期間中、3作品を観られる特別鑑賞回数券。ドラえもん映画の歴史を追えるデザインになっている。 





 
◎ソース:コミックナタリー
http://natalie.mu/comic/news/show/id/26449

【【アニメ】ドラえもん映画一気見イベント「ドラえもん映画祭」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :コロッケそばφ ★:2010/01/09(土) 20:22:00 ID:???
ad656482aeaede1c1c6513b1e8e0c852貞子がスクリーンに……と言えば別の映画を想像してしまいそう……。いやいや、人気マンガ「君に届け」がついに実写映画化が決定したのである!「君に届け」は別冊マーガレットで連載中の少女漫画。見た目が暗い主人公・黒沼爽子(あだ名が貞子)が様々な人と関わりながら成長してゆくストーリー。2009年10月からはアニメが放送され、男女問わずの人気を手に入れた。

公開日、キャストなどの情報はまだ明らかになっていない。漫画の実写化は人気があるだけに賛否両論あるが、期待して待とう。

日刊テラフォー
http://www.terrafor.net/news_wPdTBeAkn.html

集英社
http://betsuma.shueisha.co.jp/portal_kimitodo/index.html

日本テレビ
http://www.ntv.co.jp/kiminitodoke/

【【映画】椎名軽穂「君に届け」実写映画化が決定】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :あやめφ ★:2010/01/09(土) 18:43:40 ID:???
数々の記録を打ち立て快進撃を続ける「ONE PIECE FILM STRONG WORLD」の大ヒット
御礼舞台挨拶が1月9日、東京・新宿バルト9で行われ、声優の田中真弓、中井和哉、岡村明美、
山口勝平、大谷育江、矢尾一樹が勢ぞろい。配給の東映によれば、9日時点で興行収入40億円、
観客動員350万人を突破する見込み。興収・動員ともに東映史上最速ペースで、最終的に
興収50億円を目指す。

ルフィ役の田中は開口一番「うれしーい!」と絶叫。「すごいことになるとは思っていましたが、
ここまで盛り上がるとは。でも(原作者の)尾田栄一郎は『想定内です』と言っていました」
と万感の表情で語った。

舞台挨拶は、フランキー役の矢尾を司会者に「ナゾかけ大喜利」形式で進行。登壇者は次々と
こん身のナゾかけを披露し、満員の客席を沸かせた。田中は、「ルフィとかけて、安くて
いいものを見つけるカリスマ主婦と解く。その心は、海賊(買い得)王に俺はなる」。しかし
客席の反応はイマイチで、片方の靴を脱がされるはめに。ゾロ役の中井も不発で、ジャケットの
下に来たベストを脱がされた。さらに、ナミ役の岡村が着脱可能なスカートを外すと、司会の
矢尾までがズボンをずり下ろし、勝負下着だというキティちゃんのパンツを披露するなど
大盛り上がりだった。

同作は昨年12月12日の公開初日に、東映初日新記録となる興収5億5000万円を稼いだ。
その後も衰えることなく公開8日間で興収22億5000 万円を突破し、東映史上最速記録を樹立。
さらに公開24日目で動員300万人を突破し、東映史上最速記録を更新する快進撃を続けている。

eiga.com
http://eiga.com/buzz/20100109/4/

関連スレ
【映画】「ワンピース」、公開24日目で観客動員300万人・興収37.5億円 コミックス0巻も大量重版
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/moeplus/1262684570/

【【映画】「ONE PIECE」、東映史上最速ペースで興収40億突破へ 原作・尾田栄一郎「想定内」】の続きを読む

このページのトップヘ