1 :夏まっさかりφφφ ★:2010/04/29(木) 13:48:32 ID:???
2010-04-28-150913◇「狙った1行を消したい」要望への回答、“5つの消し幅”を持つ消しゴム。

一見すると昔とあまり変化がないようなものでも、利用者のニーズをくみ取りながら着実に進化を遂げている文具の数々。常に角で消すことができる「カドケシ」(コクヨS&T)をはじめ、キャップでこするだけで消せるボールペン、残量確認窓が付いたのり、簡単に修正前の状態へ“復元”できる修正テープなどなど、細やかな使い勝手の向上策を施した文具は枚挙にいとまがない。そしてこのたび、コクヨS&Tから登場するのは、ノートの1行だけを消すのに最適な“5 つの消し幅”を持つ「消しゴム<ミリケシ>」だ。 

5月13日に発売(189円/税込み)される「消しゴム<ミリケシ>」は、同社が消しゴムユーザーに行った調査の結果を受けて開発したもの。調査で多くの回答が寄せられた「ノートの上の行や下の行を消すことなく、狙った1行だけを消したい」「消す幅に合わせて消しゴムを使い分けたい」というニーズに対するコクヨS&Tからの回答だ。

その特徴は突起が放射状に並び、ノートの罫線の幅に合わせて1行だけを狙って消せる“5つの消し幅”。A罫ノートには6ミリ幅、B罫ノートには5ミリ幅、C罫および5ミリ方眼には4ミリ幅、手帳などの小さい文字には3ミリ幅、細かい部分にはカドと、用途によって消し幅を選ぶことができる。

開発には「世界一受けたい授業」(日本テレビ系)などにも出演している、東北芸術工科大学名誉教授でヴィジュアルデザイナーの馬場雄二氏も参加。機能性とともに、デザイン面にも力を入れ、双方をうまく両立させた。

ノートをとる機会の多いすべての人にメリットがありそうな「消しゴム<ミリケシ>」。消しゴムに“消し心地”を求めるなら、試してみる価値はありそうだ。

ソース(ナリナリドットコム)http://www.narinari.com/Nd/20100413479.html

【【文具】「狙った1行を消したい」要望への回答、“5つの消し幅”を持つ消しゴム「ミリケシ」登場】の続きを読む