萌えニュース(・∀・)

2chの萌えニュース+とか

タグ:サザエさん

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/07/24(日) 00:48:31.705 ID:A0cbedN30
no title

これはいいものだ

【サザエさんの原作漫画読んでるけど面白くてワロタwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :無限の薫製φ ★:2010/04/20(火) 00:07:00 ID:???
20100419_14波平が大きなお友だちになったり、中島が男の娘になったりと、最近コンスタントにディープなオタク文化を描いているアニメ「サザエさん」が、今度は「妹萌え属性」にまで手をのばした。


20100419_218日夜6時30分からフジテレビ系列で放送された「サザエさん」。その第3話「カツオの反省」の中でそれは起こった。CMが明け、アニメが始まるといきなり、勉強机に向かっているカツオの後ろにワカメが現れ、床に正座した。ワカメは立っている状態でも常にパンチラなほどのミニスカートをはいているため、正座したらパンツは丸出し。そんな姿でカツオに「お兄ちゃん好き」と突然大胆告白。しかしカツオは、からかわれていると思ったのか、ワカメの頭をグーで殴るというDVを浴びせる。するとワカメは「本当に好きなのに・・・」と泣きくずれてしまう。これにはカツオも呆然。

(中略)

20100419_6中島の兄貴は大学生だが、小学5年生の弟からマンガを奪うというしょうもなさ。外見もそうとうさえない。そんなことを話しながら下校路を歩いていたカツオと中島は、空き地でワカメと女の子の友だちが縄跳びをして遊んでいるところを見かける。するとそこに、ワカメの同級生の男の子3人が登場し「サッカーをやるからどけ」と要求する。乱暴な男の子たちにワカメたちはたじたじ。そこで中島は「おい磯野、ワカメちゃんを助けてやれよ」と提案。しかしカツオは、「ぼくはワカメなんかよりカオリちゃんや早川さんにモテればいいんだ」と妄想に突入。 

しかし、サッカーボールを蹴られその場を退散していくワカメたちを見て、カツオの血潮煮えたぎった漢魂が燃え上がる。「きみたち! 最初にその場所で遊んでいたのは女の子たちだ! 他の場所で遊びなさい!」と先輩として毅然と注意する。ワカメの同級生の男の子たちはその場を去っていった。そして、中島はワカメたちを呼んで来るためにその空き地を去り、カツオは場所取りのためその場に残った。しかし、カツオには更なる試練が待ちかまえていた。なんと中島とワカメたちが戻って来る前に、ワカメの同級生の男の子たちが兄貴を連れて落し前をつけに来てしまったのだ。兄貴はカツオより身長も高く体格もいい。

兄貴に胸ぐらをつかまれ遊び場所の権利を迫られ、カツオは万策尽き果てたかと思った。しかし、そこに救世主が現れる。そう、花沢さんである。花沢さんは大声で兄貴に「ここはワカメちゃんたちが最初に遊んでいた場所でしょ!」とまくしたて、兄貴も「さすがに、相手が悪い」と言ってしぶしぶ退散する。そして戻ってきたワカメたちは再びそこで縄跳びをできることになった。その瞬間、カツオの脳内に浮かんだイメージは、カオリちゃんと早川さんではなかった。

おそらくこの瞬間、花沢さんは毎回アプローチされまくっているのでいつものことだが、カツオの脳内イメージにワカメが登場したことで、カツオの何かがはじけたのである。その晩ワカメは夜遅くに帰宅する。サザエからもらった匂い袋を無くしてしまったため近所を探していたのである。ワカメは優等生なので滅多に怒られることはないが、波平の部屋で「夜は危ないから早く帰りなさい」と説教を受ける。そして、さらに遅い時間にカツオが懐中電灯を持って帰宅する。カツオは「中島の家に行ってた」とつっけんどうに言い、寝てしまう。次の朝、ワカメの枕もとには匂い袋が置かれていた。ワカメはサザエが新しい匂い袋をくれたのかと思い、サザエにありがとうを言いにいくが、それは前日紛失した物だった。つまりカツオは「中島の家にいた」とうそをついて、ワカメに匂い袋を探していたのである。これに感激したワカメはパジャマのまま、まだ寝ているカツオの枕もとにかけより、「お兄ちゃん、大好き!」とささやく。

しかし、カツオは起きていてその言葉を聞いている。その後、カツオとワカメの部屋のしとねの上で何が行われたかは描かれていない。それはすべて皆様の想像の中でお楽しみいただきたい。

POP UP
http://popup777.net/archives/7858/

【【アニメ】サザエさん ワカメが「お兄ちゃん好き」と告白、カツオが妹萌え属性に】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :依頼 ◆YKPE/zzQbM @ゆきぺφ ★:2010/03/29(月) 14:54:55 ID:???
20100328_1228日18時からフジテレビ系列で放送された「サザエさん春休みスペシャル」。スペシャルということで、通常の30分から1時間に放送時間を拡大して新作アニメ5本とサザエさんクイズが放送された。


20100328_7中でも特にスペシャルだったのが「春風からの招待状」という話。内容は町内ウォーキング大会の話なのだが、主要キャラクターがほぼ全員出演。滅多に出ることのない波平の双子の兄、海平までも登場するという豪華キャストだった。 
ちなみに波平と海平の違いは頭頂部の毛の数だけで、見た目も声もまったく一緒。毛が1本の方が波平で2本の方が海平だ。また、登場人物だけでなくストーリーもスペシャルで、イクラが飛行場に迷い込み、他の男の子と取り違われて伊豆大島に行ってしまったり、裏のおじいちゃんに内緒でウォーキング大会に参加した裏のおばあちゃんを、裏のおじいちゃんが「あいつのことだから、どこかで行き倒れになっとるかもしれん」と発言し、一瞬険悪なムードになるなど、見どころが盛りだくさんだった。

20100328_8中でも印象深かったのが中島が女装をするシーン。花沢さんと花沢さんのお父さんはウォーキング大会の途中で体調が悪くなったり怪我をした参加者を運ぶための救護車を担当している。そして救護車で巡回中に花沢さんが、突然草むらに逃げ込む人影を発見。追いかけて行くとそれは中島だった。花沢さんと中島を含め、参加者は途中リタイアした者をなぜか「落伍者」と呼んでおり、最初の落伍者になってカツオたちにバカにされたくない中島は、ひどい靴ずれができているのに、救護車に乗りたくないとゴネる。しかし花沢さんは中島を無理やり救護車に乗せ、他の参加者に中島だとバレないように、メガネを外しカツラを被せピンク色の洋服を着せ水玉模様のハンカチを持たせる。 

20100328_9そしてしばらく行くと救護車はカツオたちと遭遇。カツオが「中島知らない?」と尋ねると花沢さんは「きっと先に行ってるんじゃない」と答える。しかし、カツオは女装した中島を見つけてしまい、「見かけない女の子だけど?」と聞く。ここでしゃべってしまえば中島だとバレてしまうため、中島が答えに窮していると、花沢さんが「この子は中島くんの親戚の子よ」と機転をきかせる。するとカツオは「ははーん。中島のやつかわいい子にいいところを見せようと張り切ってるんだな。ぼくの方が先にゴールしてこの子にかっこいいところを見せよう」と、インセストタブーを肯定し、同性の親友の中島に恋心を抱いてしまうというという禁断の展開に突入。 

カツオはゴール地点に裏のおじいちゃんとおばあちゃんを連れて登場し、参加者全員から拍手を浴びるという感動のゴールを果たすが、「中島の親戚の子」が気になって仕方ないらしく、救護車で先に到着していた中島を見つけ出し「親戚の子は?」「ねえ、親戚の子は?」としつこく質問。落伍者だと思われたくない中島がまたもや答えに窮していると、今度も花沢さんが「もう帰ったのよ」と答え、一件落着した。

この「春風からの招待状」の脚本を担当したのは雪室俊一氏。雪室氏の脚本は「サザエさん」の世界観を壊すことなく、それでいて突拍子もない展開に持って行くことから、インターネット上でもファンが多く、マニアからは「雪室御大」と呼ばれ絶賛されている。中でも「全自動卵割り機」の話や、以前紹介した「父さんマンガの星」などの評価が高い。今回もネット上では早速「さすが雪室御大」という声が上がっている。

そして全部の話が終わり、エンディング曲が流れ、「さーて、来週のサザエさんは」という次回予告が始まった。すると次回予告の中に今度はカツオの女装姿が登場。 
20100328_1020100328_11

これには、雪室御大は「父さんマンガの星」で描いた大きなお友だちだけでなく、男の娘まで理解しているのかと、雪室御大マニアの称賛の書き込みがネット上では発生。雪室御大のポテンシャルの高さに期待しているファンは多いようだ。雪室御大は現在69歳だが、これからも日曜18時30分での活躍に期待だ。

◎ソース
http://popup777.net/archives/7248/

【【話題】「サザエさん」が男の娘アニメに!?カツオ、中島の女装姿に萌える】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :依頼 ◆YKPE/zzQbM @ゆきぺφ ★:2010/02/08(月) 15:02:06 ID:???
7日18時30分からフジテレビ系列で放送された「サザエさん」。その第1話「父さんマンガの星」に萌えキャラが登場し、波平が寝言で叫ぶほどハマってしまうという、とんでもない展開が繰り広げられた。
20100207_16
 
「父さんマンガの星」のあらすじはこんな感じだ。ワカメとその友だちは、畑中ちさと先生という漫画家の少女マンガ「ソレントの星」に夢中になっている。ワカメたちは波平に30冊以上ある「ソレントの星」を渡し、「おもしろいから読んでみて」とすすめる。波平はマンガには興味がなく、自分では読まずにサザエに読ませておく。しかし、突然ワカメの友だちが家をおとずれ波平に、「おじさん、8巻のラストはどうでした?」と尋ねる。波平は友だちの後ろに立っているサザエのジェスチャーを見てなんとか、「感動して涙が出たよ」と答える。
20100207_18

それを聞いた友だちは、「私もあのシーンでは感動して泣いてしまったんです」と言い、おじさんも一緒に畑中先生のサイン会に行こうと誘う。波平は気がすすまないが、ワカメにも頼まれ、ワカメとその友だちを連れ、しぶしぶサイン会について行く。しかし、会場に着いてみるとそこは小学生の女の子だらけ。 
20100207_10

この行列に並ぶのはさすがに恥ずかしいため、波平は「向こうで待ってるから行ってきなさい」と場所を離れようとするが、ワカメと友だちは波平も「ソレントの星」に夢中になっていると思っているため、一緒にサインをもらおうと強引に列に並ばせる。そして女の子ばかりの中、畑中先生からサインをもらった。 
20100207_11

畑中先生の見た目もかなりのインパクトだが、サインがまたすごいのだ。 
20100207_1220100207_13

とても「サザエさん」の映像とは思えないが、実際に放送された光景である。そして、律儀な波平はサインをもらったことに感謝し「ソレントの星」を読み始める。それから数日後の真夜中。波平とフネは布団で眠っている。すると突然波平が「カロリーナーッ!」と絶叫する。フネは飛び起きて、「どうしたんですか、お父さん」と尋ねたが波平は眠ったまま。次の日、フネはサザエに「お父さんが寝言で『カロリー!』って言うんですよ」と話す。サザエは「カロリーの値でも気にしてるのかしらね」と答えるが真相は謎のまま。そこにワカメがやって来て「それはカロリーじゃなくて『ソレントの星』の主人公のカロリーナだよ」とふたりに教える。そして波平とカロリーナのツーショットが画面に登場。 
20100207_14

これで「父さんマンガの星」は終わりである。通常「サザエさん」のオチは上手く考えられたものだが、この話のオチは「波平が寝言でマンガのキャラクターを叫ぶほどの二次元マニアになってしまった」という、驚愕のストーリーである。二次元マニアというよりも、女児向け作品に萌えてしまう、「大きなお友だち」と言う方が正しいかもしれない。ストーリーの最初の方では、まさかこんなオチが待っているとは想像もできないが、なんとなく予感させるものはあった。それはタイトルの画像である。 
20100207_15

「サザエさん」はどこへ向かおうとしているのだろうか。

◎ソース:POPUP
http://popup777.net/archives/6121/

【【話題】「サザエさん」に萌えキャラ登場、波平が大きなお友だちになる】の続きを読む

このページのトップヘ