萌えニュース(・∀・)

2chの萌えニュース+とか

    タグ:クレヨンしんちゃん

    小林由美子


    1: 名無しさん@おーぷん 2018/06/14(木)12:39:16 ID:B7L
    テレビ朝日は14日、人気アニメ「クレヨンしんちゃん」(金曜後7・30)の主人公・野原しんのすけ役の声優を降板すると発表された矢島晶子(年齢非公表)の後任として、小林由美子が2代目しんちゃんを務めると発表した。7月6日の放送が初登場となる。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180614-00000086-spnannex-ent


    誰…?

    【「クレヨンしんちゃん」2代目しんのすけ声優に小林由美子さん】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(東日本) [ES] 2018/06/02(土) 09:46:28.22 ID:jM+5EUEH0 BE:837857943-PLT(16930)
    sssp://img.5ch.net/ico/u_giko_ebi.gif
    しんちゃん「後任」は平野綾がピッタリ? 「らき☆すた」激似モノマネに再注目

    国民的アニメ「クレヨンしんちゃん」(テレビ朝日系)で、野原しんのすけ役を26年以上務めた矢島晶子さん(51)の降板発表を受けて、インターネット上で早くも「後任候補」として注目を集めている女性声優がいる。

    「涼宮ハルヒの憂鬱」のハルヒ役などで知られる平野綾さん(30)だ。主人公の泉こなた役を務めたアニメ「らき☆すた」の中で、しんのすけの声マネを披露する場面があったためだ。

    no title
    【クレヨンしんちゃんの声優は平野綾さんが有力か? 】の続きを読む

    1 :依頼628@はらぺこφ ★:2010/04/18(日) 14:57:43 ID:???
    1754730[TVデイリー=イ・ギョンホ記者]止まらないチャンク(クレヨンしんちゃん)が童心旅行に招待をしている。

    国内子供に最も高い人気を博しているアニメ映画「クレヨンしんちゃん」の、国内で初めての全年齢層が楽しむことができるテーマパークとして誕生した。

    今回のテーマパークの正式名称は「チャンク アドベンチャーヴィレッジ」、来る6月6日まで53日間にかけてソウルこども会館(能動大公園)内の野外プールで開かれる。

    今回のアドベンチャーヴィレッジには国内初のチャンクをテーマで作られた、13種の空気膜造形物遊び場のチャンクランド、そしてブラックホール、ロケットなどを体験するチャンク、チャンア(ひまわり)とともに宇宙旅行が繰り広げられる。

    また、入場料だけで一日中楽しく乗ることができる芝ソリ、観覧客と共にする楽しい舞台公演と毎晩150インチ大型スクリーンでチャンクのアニメ映画が上映される。

    今回の行事にはアニメ映画と本だけで見てきた、チャンクの家を再現したチャンクハウス探訪、チャンクと友人らが一緒に遊んだチャンク路地と国内初公開されるチャンク関連エピソード本など、私たちの友人チャンクに関する全てのものを楽しむことができるようになっっている。

    チャンク アドベンチャーヴィレッジはチャンクだけを見せることに留まらず、観覧客の便宜を考慮して森の中の休憩所や小屋形の休憩所など多様な形態の休憩所を準備し、休み休み楽しめるように配慮した点が特色だ。

    家で簡単なお弁当を準備するなら、一日を楽しく遠足のように楽しむことができる

    観覧期間は来る6月6日までや、観覧時間は午前10時から午後10時までだ。
    (アドレス、電話番号割愛)

    TVデイリー(韓国語) 2010/04/18
    http://www.tvdaily.co.kr/read.php3?aid=127148140654730016

    【【韓国】「クレヨンしんちゃんアドベンチャー村」クレヨンしんちゃんと一緒に、エキサイティングな体験旅行!】の続きを読む

    1 :◆YKPE/zzQbM @ゆきぺφ ★:2010/02/05(金) 15:05:52 ID:???
    51SYpm2PweL昨年9月、群馬・長野県境の荒船山の山中で亡くなっているのが発見された漫画家・臼井儀人さんの『クレヨンしんちゃん』“最後の遺稿”が、5日発売の『月刊まんがタウン』(双葉社)に掲載され、今回の1126話で最終回となった。今回は主人公・しんちゃんの母・みさえが腹痛を訴え、救急車で病院に搬送されるものの、単なる腹痛だったという同作品らしいコミカルなエピソード。だが、家族愛に満ちた展開を迎え、最終回にふさわしいストーリーとなっている。また、同誌には、「いつ読んでも笑顔を届けてくれる温かい作品を長きに亘り描き続けてくれた臼井先生に心から感謝いたします」という編集部からのメッセージも掲載されている。

    『クレヨンしんちゃん』は1990年に連載開始。1992年4月にアニメ化され、現在も続く大ヒットシリーズとなっている。映画版も次々に公開され、海外でも人気を博している。そんな中、昨年9月に登山が趣味であった臼井さんが荒船山へ単身で登山に出かけたまま、家族と連絡が途絶え、後に転落死していたことが判明。人気漫画家の不慮の死を日本中が惜しんだ。作品の継続が話題になる中、アニメは臼井さんの原作を元に、引き続き放送を続行。18作目となる映画『クレヨンしんちゃん超時空!嵐を呼ぶオラの花嫁』は4月17日(土)に公開されることが決定した。

    臼井さんが描いた漫画版『クレヨンしんちゃん』は、5日掲載分が最後となるが、次号の3月5日発売号からは、原案・臼井さん、作画・相庭健太氏による映画『クレヨンしんちゃん 超時空!嵐を呼ぶオラの花嫁』のコミカライズが掲載。相庭氏は、映画『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ アッパレ!戦国大合戦』を実写でリメイクした映画『BALLAD 名もなき恋のうた』の公開の際に掲載された特別編『伝説の軍扇をさがせだゾ』も作画を担当している。しんちゃんの未来の婚約者も登場するという『超時空!嵐を呼ぶオラの花嫁』がどのように描かれるのか、今後も『クレヨンしんちゃん』から目が離せない。

    ◎ソース
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100205-00000009-oric-ent

    【【漫画】故・臼井儀人さん“最後の遺稿”が掲載され、漫画『クレヨンしんちゃん』遂に最終回】の続きを読む

    このページのトップヘ