萌えニュース(・∀・)

2chの萌えニュース+とか

タグ:アメリカ

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1画家(愛知県):2010/09/22(水) 14:20:05.73 ID:LKjMs0zJ0● 

ann-make-over

米リアリティ番組、アメリカズ・ネクスト・トップモデルに出演中のann

他の画像
http://paddylastinc.wordpress.com/2010/09/21/americas-next-top-model-cycle-15-episode-3-make-over-and-fallen-angels-photoshoot/


【アメリカのモデルの手足がやばい】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1:落月亭立流φ ★:2010/08/31(火) 13:42:11 ???

chibiアニメ文化に関する米ブログ「thesocietypages.org」では、日本の漫画やアニメで、キャラクターがなぜ欧米人の容姿に似ているかについて疑問を呈している。

筆者は、まず肌が白く描かれているのは、それが日本人の考える一般的な人物像の描写ではないかと推察。また、日本人は描かれるキャラクターをアジア人に見えるようにする必要性を感じていないと語る。米国にも同様の例がある。アニメ「シンプソン」のマージは黄色の肌に青いアフロヘアーで、人種の型にはまった特徴が混在していて、黒人にも、白人にもアジア系にも見えると説明している。

アニメの通常のキャラクターは、黄、青、緑色などの髪に大きな丸い目と、小さな鼻が特徴的だが、明らかに欧米系と見られるキャラクターが登場するときは、黄色の髪に青い目と高い鼻で、型にはまった白人系で描かれることが多いと分析。筆者は、日本のアニメが外国で放映される時、これらのキャラクターは、まるで日本人が欧米を崇拝しているかのように見えることを懸念している。

このブログには、アニメにおける日米文化の交流を含んだ多数のコメントが寄せられている。「日本のキャラクターはそのまま外国で放映されるのがいいと思う。描かれているキャラクターのソースが何かを見たいし、文化的背景を知ることができるので面白い」といった意見や、「子供のときから日本のコミックを読んでいるが、額の形や丸い目などの顔の特徴は、欧米人というよりアジア人だと思う」などさまざまなコメントが寄せられた。

また、「日本のアニメが米国文化の影響を受けているのは興味深い。日本のアニメの創始者の1人である手塚治虫氏はディズニーの影響を受け、後にディズニーが手塚氏のアニメに影響されるなど、歴史的に互いの文化を刺激しあっている」といった意見も見られた。

サーチナ
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=0831&f=national_0831_060.shtml

Why do the Japanese Draw Themselves as White?
http://thesocietypages.org/socimages/2010/08/30/guest-post-why-do-the-japanese-draw-themselves-as-white/


【【ネット】 「日本の漫画やアニメのキャラは、なぜ容姿は欧米系なのか?」…米で議論】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :◆YKPE/zzQbM @ゆきぺφ ★:2010/01/12(火) 02:10:36 ID:???
米・ミシシッピ州にあるジャクソン・ジョージ地方図書館は、WiiやPS3、Xbox360といった最新ゲーム機とゲームソフトを蔵書に加えた。購入のために使われた金額は日本円にして約120万円。図書館を対象とした補助金が使われたというから、みんなの税金でゲームを買ったことになる。

そうまでして図書館がゲーム機を買い求める理由はなんだろうか。

図書館の職員は、図書館にゲーム機を置くことでヤングアダルト層を引き込む効果が期待できると説明する。

「ゲームは今日の子供やティーンにとって最も魅力的なもので、学習効果も期待できます。ゲームを置くことは図書館にとってナチュラルな一歩なんです」

アメリカの図書館が公費でゲームを買うことは珍しいことではなくなりつつある。ワシントンセンターヴィレ公立図書館は本と共にゲームソフトを貸し出しているし、ヒューストン公立図書館はゲームの遊び方教室を開いて人気を博している。

2008年11月には全米の図書館がTVゲームやボードゲームを使ったゲーム大会を開いているし、米国図書館協会は「ゲーム世代の若者に対応するためにもっとゲームを遊ぶべきだ」と指示している。

ただでさえ図書館と言えばお堅いイメージがあるのに、今はインターネットで調べ物ができるのだから、自然と足が遠のいてしまうのも仕方ないのかもしれない。こうした逆風に対抗して図書館がゲームを買うようになったわけだが、ゲーム教室を開いたりゲーム大会を行うことで地域のコミュニティも活性化できるのだという。単なる人気取りだけではないわけだ。

◎ソース:アメーバニュース
http://news.ameba.jp/world/2010/01/54476.html

【【ゲーム機】米の図書館はWiiやPS3導入しヤング層の来館目指す】の続きを読む

このページのトップヘ