萌えニュース(・∀・)

2chの萌えニュース+とか

タグ:うしじまいい肉

    このエントリーをはてなブックマークに追加

null

null



【うしじまいい肉さん、とんでもないエ□コスプレ画像を投稿してしまう】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/05/31(日) 20:32:09.782 ID:dNCBzG8K0
これ

no title

【【画像】うしじまいい肉の人造人間18号のコスプレどう?】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 風吹けば名無し 2020/04/05(日) 03:38:34.70 ID:A1YKvOao0
no title

【エ□すぎる肉欲コスプレイヤー発見される】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :シャープペンシル(関西地方):2010/02/08(月) 17:27:54.88 ID:jFpajtmD
peo1002081558000-p1【うしじまいい肉】グラドルじゃない、私は素材 お父さんには「AVだけにはいくな」って
2010.02.08

コスプレイベントでのデビュー直後から、インターネットで人気が爆発した謎の美少女。昨年12月31日に発売した初の自主製作DVDは、秋の予約段階から大手通販サイト「アマゾン」のアイドルDVDセールスランキングで1位になり、話題を呼んだ。

ロケハンから衣装選び、カメラアングルまで完全なる自己プロデュース。ふんどし一丁の祭り姿や、ベッドで横たわりながら食い込むパンチラを見せつけたり、超過激ビキニで巨大な四足歩行のロボットに搭乗したり−。これすなわち、「エロ」と「アート」の融合なんだそうだ。

「注目していただけるのはありがたいことですが、わたしはグラビアアイドルではなく単なる作品中の『素材』。センスが合うカメラマンさんに『成果物』として写真を撮ってもらうのが楽しいだけで、必要以上に有名になりたいとは思っていません。だから、自分の見られ方や撮られ方をコントロールできないテレビの世界には、まったく興味がないんです」

DVDの過激な姿態とは裏腹に、落ち着いた口調で理路整然と話す。そのギャップが面白い。年齢は非公表。奇抜な芸名(?)は単なる思いつきで、本名とは何の関係もない。何から何まで謎の美少女である。

【いま以上に目指す領域なんてない】

「私に関する皆さんの意見やネットの書き込みを見ると、『このコはこの先、どうなりたいのか?』みたいな声が多いんです。やっぱり皆さん、AVデビューでもするんじゃないかと思ってるんでしょうね。実際、私と似たようなコスプレイヤーがAVに出演するケースは多いですから。でも、いま以上に目指している領域なんて、実は何もないんです」

peo1002081558000-p2peo1002081558000-p3peo1002081558000-p4

http://www.zakzak.co.jp/people/news/20100208/peo1002081558000-n1.htm

【【画像あり】うしじまいい肉さん「グラドルじゃない、私は素材」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 : ピンセット(福島県):2010/01/02(土) 00:24:02.27 ID:AeyEUYGc ?PLT(12777) ポイント特典

オンラインが変えるアイドルのパブリシティ戦略

アマゾンのDVDセールスランキング1位を獲得したうしじまのDVD
『WHAT IF IT'S A HUMAN?』 
003l

こうした中で、最近アイドルDVDの世界でちょっとした「事件」が起こった。パワードスーツ、プラグスーツ、褌といった一風変わった衣装をまとったセクシー画像がネットで話題のコスプレイヤー"うしじま"がイメージDVDをリリースしたところ、アマゾンのアイドルDVDチャートで1位を獲得してしまったのだ。これは素人のDVDとしては快挙といえる。

彼女は特別なパブリシティやマスメディアでの活動を行ってきたわけではない。ただひたすら画像がネットに流通し、話題が話題を呼ぶことで、並みのアイドル以上の知名度と人気を獲得してしまったということだ。うしじま自身にアイドル願望は無いようだけれど、彼女にDVDチャートで負けたアイドルたちは心中穏やかではないだろう。

これで思い出されるのが、あの「グラビア界の黒船」リア・ディゾンだ。彼女もネットで流通していたコスプレ画像で人気に火が付き、
日本デビュー時には既に口コミで期待感が高まっていた。このようにオンラインの時代では、大手芸能事務所が大金を投資して育てたアイドルよりも、無料で画像が流通した謎の美人のほうが売れてしまう、というケースが珍しくなくなってきている。実際にタレントスカウトキャラバンや美少女コンテストからスターが生まれる機会は従来よりも低くなっているため、アイドルを送り出す側はパブリシティ戦略の再考を迫られるようになるはずだ。

以下ソース
http://journal.mycom.co.jp/column/idol/010/?rt=na
旦旦旦 スレ立て依頼所 旦旦旦
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/news/1262217303/232

【うしじま>>>>>AKB48】の続きを読む

このページのトップヘ