萌えニュース(・∀・)

2chの萌えニュース+とか

カテゴリ:東アジア

1 :あやめφ ★:2010/07/11(日) 12:47:21 ID:???
51ZWFF7UhdL韓国の人気歌手イ・スンファンが、自身のヒットソング「フランダースの犬」は日本のアニメの主題歌を盗作したものだったと告白し、韓国で波紋が広がっている。

盗作が明らかになったのは、イ・スンファンが1990年代に発表した「フランダースの犬」。1975年に日本で放映され人気を集めたテレビアニメ「フランダースの犬」の主題歌「よあけのみち」(作詞:岸田衿子、作曲:渡辺岳夫)を、ほぼまることコピーしたものであったという。

イ・スンファンは7月1日と8日、SBS放送のラジオ番組に主演し、「『フランダースの犬』は韓国の作曲家の名前で登録されていたが、実は日本のアニメの主題歌をそのまま盗作したものであった」と自ら盗作の事実を暴露。また、盗作であるため日本側に著作権の費用を支払ったが、その後はあまり歌わなくなったことも告白した。

日本のテレビアニメ「フランダースの犬」は韓国でも高い人気を集め、TBCが1976年8月から11月にかけて放送しているほか、KBSやEBS、SBSでもそれぞれ放送している。

「ラララ〜ラララ〜」というメロディーが印象的なこの歌は韓国内でもよく知られ、今回の盗作騒動に「初めて知った」「アニメも主題歌も全て日本のコンテンツだったのか」と驚きの声が多く寄せられている。

サーチナ
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=0710&f=entertainment_0710_005.shtml

【【韓国】人気歌手イ・スンファン、90年代のヒット曲「フランダースの犬」は盗作だったと告白 和解後に封印】の続きを読む

1 :イェンツーユイ(東京都):2010/06/29(火) 13:29:01.45 ID:A3IHW+xK
20100525130012_00_240韓国の“こども店長”!5歳にして超売れっ子のおマセな子役って? 

 8歳にして社会現象を巻き起こすほどの人気っぷりを見せる“こども店長”でおなじみの国民的子役、加藤清史郎くん。そんな彼に負けず劣らずの人気を誇る売れっ子子役が韓国にもいた!それが、1000倍の倍率のオーディションを勝ち進み、映画『過速スキャンダル』(09)でデビューを飾ったワン・ソクヒョンくんだ。

『過速スキャンダル』は、『猟奇的な彼女』(01)のチャ・テヒョン扮する30代半ばの人気ラジオDJ・ヒョンスの前に、突然、娘と名乗る22歳の女性ジョンナムと6歳の孫ギドンが現れたことで、順風満帆だった生活が一転する、というハートフルコメディ。撮影当時、弱冠5歳だったワン・ソクヒョンくん(03年生まれ)は、おマセで天才的な孫のギドンとして大人顔負けの演技を披露。クリクリヘアのキュートな風貌に、子供らしからぬアンニュイさも持ち合わせる彼は、オモチャが好きで、夢遊症で夜中に家中を徘徊するといった子供らしい姿から、「チッ」とニヒルな笑いを浮かべ、花札とピアノ、そして人との交渉(!)を得意とする妙に大人びた一面までを、愛敬たっぷりに演じている。

そんなソクヒョンくんは、撮影中、ママ役のパク・ボヨンに“チュー”をおねだりしたり、ドラマ「お嬢さまをお願い!」で共演したユン・ウネの美しさにドキドキしたりと、実際にかなりのおマセさんなんだとか。 彼のその愛らしさも相まって、同作は韓国で831万人を動員する大ヒットとなり、韓国ラブコメ部門歴代興収No.1の座を獲得。 と同時に、ソクヒョンくんの人気もうなぎ上りで、いまやCMやドラマなどに引っ張りだこの売れっ子スター子役に君臨している。

7月2日(金)に発売になるこの映画のDVDには、特典映像としてソクヒョンくんの素顔も垣間見られるメイキングや未公開シーンも収録。“こども店長”とはまた違ったかわいらしさを放つソクヒョンくん、一見の価値ありです!

http://news.walkerplus.com/2010/0629/4/

【韓国のこども店長】の続きを読む

1 :やるっきゃ騎士φ ★:2010/06/16(水) 10:25:49 ID:???
chn1006160636000-p1chn1006160636000-p2chn1006160636000-p3

中国・上海万博の「ジャパンウイーク」4日目の15日、日本のファッション誌の読者モデルらがファッションショーを行い、最新の若者文化を中国に発信した。ノースリーブにミニスカートという斬新なデザインの「ギャル系人民服」が登場すると、そのセクシーなポーズに会場の盛り上がりは最高潮に。観客から日本語で「かわいい」などと歓声が上がった。

ソースは
http://sankei.jp.msn.com/world/china/100616/chn1006160636000-n1.htm 

【【ファッション】かわいい! “ギャル系人民服”に歓声 上海万博】の続きを読む

1 :◆YKPE/zzQbM @ゆきぺφ ★:2010/06/05(土) 18:33:02 ID:???
agpiZWViZWUyc2VlchULEgxJbWFnZUFuZFRleHQYnru6AQw日本のお隣さんの韓国。どの国にも日本のアニメや漫画、ゲームなどを愛する熱い心を持つオタクたちが多数いる。そんな彼らがどのようにして日本のオタクコンテンツの数々を手に入れたり、情報を入手しているのか。また韓国のオタクたちの生態について、日本でもおなじみのアニメ雑誌のニュータイプの韓国版の編集スタッフに、突撃インタビューを試みた。

——よろしくお願いします。まずは、韓国版ニュータイプ(以下、ニュータイプ)はどういった雑誌かを教えてください。
金さん(以下、金): 韓国版ニュータイプは、半分が日本版ニュータイプの記事で、残り半分が現地で制作している記事が掲載されています。韓国のオリジナルの記事では、韓国のアニメや漫画の情報のほかに、韓国のスタッフが日本に赴いて、日本の漫画家や小説家にインタビューをしたものなどを掲載しています。

——なるほど、韓国ではオンラインゲームが盛んで、オンラインゲームのアニメ化などもされていますが、それらのゲームの記事は掲載していないのですか?
金:まったくしないわけではありませんが、韓国にもゲーム専門誌があるので、ゲームの記事はあまり掲載しません。もちろん、オンラインゲームをアニメ化した場合には、アニメの情報を掲載することはありますが、原作ゲームほどの人気はないため注目度が高いとはいえません。韓国ではオンラインゲームのプレイヤーとアニメや漫画のファンが違うからです。韓国のオンラインゲームプレイヤーは、他の趣味を持つだけの時間の余裕がありません。

——では、韓国のアニメファンの間で人気のある作品はなんでしょうか?
金:古い作品では、ガンダムやマクロスが人気です。あとは日本の流行と変わらないと思います。今は、「Angel Beats!」と「WORKING!」「荒川アンダーザブリッジ」が人気あります。

——今、放送中のアニメが人気なんですね。韓国の人はどうやって、それらの作品を見ているのでしょうか?
金:以前は、違法ダウンロードで見ている人が多かったですが、最近、日本で放送された10日後くらいに、日本語の放送に字幕入れたアニメを正式に放送するチャンネルができたので、それら放送で見ている人が多くなってきています。また、海賊版などの問題があるものは、取締が強化されていることも影響しているでしょう。

>>2に続く
ソース
http://ascii.jp/elem/000/000/527/527590/

依頼がありました。

【【海外/雑誌】韓国版ニュータイプの編集者にオタク事情を聞いてみた】の続きを読む

1 :◆YKPE/zzQbM @ゆきぺφ ★:2010/06/03(木) 16:52:40 ID:???
agpiZWViZWUyc2VlchULEgxJbWFnZUFuZFRleHQYu_KyAQw韓国では国民的人気を誇る不朽の名作が、デジタルリマスター版で蘇る!!

潰せ!壊せ!ぶちのめせ!世界の平和と愛のために!!
韓国初の本格ロボットアニメにして、1976年に公開されるや大ヒットを記録した劇場長編アニメーション『テコンV』。テコンドーを駆使して悪と戦うロボット“テコンV”の活躍を描いた本作は、当時の子どもたちから熱狂的な支持を集め、現在でも韓国ではその名を知らない者はいないと言われるほどの国民的人気を誇っている。近年では政府広報にまで登場し、
3DCGによるリメイク企画も進行中だ。そんな伝説的作品が、最新デジタル技術によって修復され、ついに待望の日本上陸を果たす!
主人公フンはテコンドーの使い手で、世界大会に優勝するほどの実力をもつ若きファイター。ある日、彼はロボット工学の権威である父・キム博士を殺され、その遺志を継いで巨大ロボット“テコンV”のパイロットとなる。その前に立ちふさがる悪のロボット軍団、暗い影を秘めた美少女アンドロイド、そして世界征服をたくらむ謎の組織・アカ帝国!副操縦士をつとめるガールフレンドのヨンヒ、フンを慕うヤカン少年チョリたちの助けを借りながら、フンと“テコンV”の戦いの火蓋が切って落とされた!!製作から35年を経た今でも、その衝撃と感動はまったく色褪せていない。2010年、日本のアニメシーンに激震をもたらす驚異の傑作を見逃すな!!

シアターN渋谷にてレイトロードショーの韓国ロボットアニメ映画『テコンV』の初日が8月7日(土)に決定いたしました

公式サイト
http://www.kingrecords.co.jp/taekwon/

ソース
http://www.cinematopics.com/cinema/news/output.php?news_seq=9983

【【アニメ】どこかで見たことあるようでないような伝説のコリアンロボットアニメがついに日本公開!!映画『テコンV』】の続きを読む

このページのトップヘ